記憶と記録

「記憶と記録」のページを新設しました。

志段味の自然と歴史に親しむ会は、紙に文字で「記録」された「歴史」だけでなく、地元のみなさんからお話を聴き、みなさんの「記憶」のなかにある、志段味、吉根をも探ってきました。この「記憶と記録」のページでは、「記憶」と「記録」を、会報のなかから、著者の許可をいただいたものをピックアップして紹介します。

歴史は、いまも「史」(ふみ)の字を用います。しかし、紙に文字で書かれたことだけが歴史ではなくなりました。古文書を読める一部の人たちだけのものでもありません。

近日中に、最初の記事を投稿します。ご期待下さい。

世話人会

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする