第5号(1986年6月1日)

小池邦彦「しし塚の記憶をさかのぼって」 2–5

親しむ会3月例会の報告
杉本昌也「古墳と自然の観察会に参加して」 6
原藤広「大久手池堤の古墳観察」 6–7
酒井類「上志段味発見のマシジミについて」 8–12

志段味の薬草(4)
長谷川「カンアオイ」 13

しだみ東西南北 13、22

志段味とチョウ(最終回)
野田正一「ジャノメチョウの仲間」 14–15

講演録(3)
講師:広瀬鎮「生きものにとって、今――志段味、足もとの自然と歴史を活かし文化を育てるために――」 16–22

連載(5)
野田義光「中志段味・見たり聞いたり」23–29

私のノートから・吉根(7)
徳田百合子「おてんと迎え」 29–30

編集室「『村絵図』と地図にみる吉根の土地利用と水」 31–37

柴田正巳「吉根の空襲について」 38–39

’86年度総会のお知らせ/写真展ご協力のお願い 40

編集後記 40

シェアする